園の特徴

●愛のモンテッソーリ教育

  子供自身が教具を選んで使うから・・・

●自主性・自立心が身につきます

  自分で選び最後までやり遂げることで・・・

●喜びと自信を持つことができます

  毎日積重ねることで・・・

●明るく前向きな姿勢を育みます

「モンテッソーリ教育」は、イタリアのマリア・モンテッソーリ(1870-1952)があみ出した教育で、世界中に広まりつつあります。様々な教具が用意され、子ども自身が教具を選んで活動しますので自立心が身につき、自分で学ぶということが自然と身につきます。

 教具は、日常、感覚、言語、数、文化と様々な領域のものが準備され、毎日の活動の中でも興味が湧くように考えられています。日々の積み重ねにより、手先の動かし方が鍛えられ、感覚が洗練されて、自己選択ができるようになります。

●縦割り保育

 満3歳、年少、年中、年長の子どもが1つのクラスで過ごします。年齢差のある子どもたちが同じ空間で活動することで、幅広い学びあいの可能性が生まれ、社会性や協調性も自ら学びます。
 年上の子が年下の子のお世話をすることで思いやりの気持ちが育ち、年下の子は年上の子の姿を見て憧れの気持ちを持ち、段々と自分の力で取り組もうとします。

※1日の中には横割りの時間もありますので、同年齢のお友だちとの関わりも持つことができます。

●子育て支援

 入園したお子様を対象に預かり保育を行っています。お仕事をされているご家庭でも安心して預けられるシステムとなっています。
 入園前の2~3歳のお子様とお家の方を対象とした未就園児クラブがあります。モンテッソーリ活動をしたり、お子様とお家の方が一緒に楽しく過ごせるプログラムをご用意しています。